• HOME
  • プロバイダー 乗り換え

プロバイダー乗り換え比較


OCN
初心者から上級者まで選ばれるスタンダードプロバイダー

料金は平均的ながら、キャンペーンも太っ腹で、セキュリティやサポートもしっかりしています。光プロバイダとしては国内最大。世界的規模のプロバイダなためバックボーン回線が強く、品質も高いためヘビーユーザーにも選ばれています。



BIGLOBE
キャンペーンを狙ってお得に光をはじめるなら

キャンペーンが好評なプロバイダ。もちろんそれだけでなく、ファミリーでも安心して使えるセキュリティサービスや、複数ID、メールアドレスの発行にも対応しています。無料オプションが豊富なのも嬉しい。WiMAX月額3,591円で利用可。



GMOとくとくBB
割引制度が豊富で密かに人気急上昇中!

料金が安く、特に乗り換えで注目されています。安いだけでなく充実した無料オプションも。毎月ポイントが100ポイント貯まりそれを利用料金に還元可能。また、GMOインターネットの株主なら5,000円相当の株主優待なども。



@nifty
PC出張サポートなど初心者も安心

ファミリー向けサービスが豊富でオプションも多いので必要に応じて追加できる。キャンペーンが充実していて、いろんなプレゼントから選ぶことができるのも魅力的。WiMAX月額3,591円で利用可。



ネクシィーズBB
ADSLが低価格で人気。限定サイト割引あり!

あまりネットで動画を見たりしないなど、とりあえずネットにつながっていればいいという方や学生さんにはまだまだ人気のADSL。長期料金割引キャンペーンなどもあり、初期費用を抑えたい方にもおすすめ。WiMAX月額3,670円で利用可。

プロバイダーの乗り換えのポイントとは?

プロバイダー乗り換えとは、たとえばこれまで光回線でプロバイダーA社を利用してたけれど、料金見直しなどでプロバイダーB社の条件がよかったのでA社を解約し、B社と契約をすることを指します。

乗り換えのタイミングは「最低契約期間の2年間が過ぎた時」「プロバイダーの通信網の速度に限界を感じた時」などがあげられるでしょう。

プロバイダーの乗り換えをする際には、できるだけ条件がよいところを探すことが重要です。

月額料金が安いところ・回線速度がこれまでのプロバイダーと同等もしくは速いところ・乗り換え特典が魅力的なところ・サポートが万全のところなどを総合的に判断して新たなプロバイダーを検討するとよいでしょう。

検討をしていると、どこのプロバイダーを取ってみても一長一短である場合がほとんどです。

比較し決め手に欠けるプロバイダーが多くあれば、口コミ意見を探してみることもお勧めです。

「インターネットが快適になった」「無線LANの設定をするために出張サポートを頼んだが、とても頼りになった」というような実際に使ってみての感想は大きな参考意見として受け止めることができますね。

中には、winnyなどのP2P(ピーツーピア)方式のソフトを持っている方で、大手プロバイダーを使うと帯域制限の制約を受けることになるので、利用できないという方もいるようです。

P2P方式ソフトを使って大容量の情報のアップロード・ダウンロードを行っても帯域制限をしないプロバイダーももちろん存在していますので、探してみるとよいでしょう。

大手のプロバイダーに関しては、帯域制限に関する項目を約款に盛り込んでいますので、P2P方式のソフトを利用される方は必ず事前に約款を確認することをお勧めします。

インターネットを利用したくてもP2Pソフトをパソコン内に取り込んでいるがために帯域制限の対象となってしまい、混雑する時間帯に高速インターネットを楽しむことができなかったということになります。

乗り換え後は最低でも2年間は契約することに同意の上で加入特典を受けている形になりますので、帯域制限を受けたまま快適なインターネット環境が保てないという事が考えられます。

さまざまな乗り換え比較に関するサイトなどがありますので色々な角度から切り開かれた意見を参考にひとりひとりに合ったインターネットプロバイダーを探すようにしたいものです。

乗り換えの際に注意することは、ひかり電話を利用されている方がひかり電話付きのプロバイダー乗り換えを行った場合に、050番号も変わります。

こちらに関しては携帯電話のMNPのようにはいきませんので注意が必要です。

フレッツ光プロバイダー比較総合BEST3